事業を健全に行うために|家具の買取を後悔しないために一読|意外な値段が付くかも
メンズ

家具の買取を後悔しないために一読|意外な値段が付くかも

事業を健全に行うために

作業員

倒産や閉鎖を防ぐ最善策

景気の動向により会社事業がうまくいかず倒産や休業に追い込まれることがあります。大企業であれば会社再生法により国の手厚い保障が得られ再び再生する可能性があるのですが、問題は中小の企業です。中小企業が日本国内の企業に占める割合は99%と言われており、ほぼすべての企業が中小企業であると言えるのですが、こうした中小企業の経営が傾いてしまったら大企業のような手厚い保障を得られる訳ではありません。会社の倒産を防ぐ際にやるべきことは在庫処分を行うことです。在庫が多いと品切れや欠品を防止するメリットがありますが、その一方で在庫は流動性が低いですし、在庫の資産価値も年数が経過するごとに目減りしていくことになるので会社にとってリスクが生じます。

現金化によるメリット

今すぐ不要ではないが、いずれは必要になるかも知れないという考えもあるでしょうが、在庫を抱えることはそれを維持するための費用も生じてきます。企業としては資産の健全化を図る意味において在庫の処分を行うことが望まれます。在庫処分の方法としては買取業者に依頼するのが一番手っ取り早いのですが、買取業者も自社の在庫状況や時期によっては安く買い叩かれる可能性もあります。そのため買取依頼を行う場合は複数の業者を比較した上で利用することです。買取業者をメリットはすぐに現金化できますので、その現金をすぐに事業資金として運用することが可能です。在庫は会社にとって資産ではありますが、それが経営を圧迫することになりますので余剰在庫はなるべく処分しておくと良いでしょう。